20代による薄毛は、原因を改善すれば回復する見込みがあるでしょう。

MENU

20代でも薄毛に

 

薄毛と聞くとどうしても年齢を重ねた方の症状だと思いがちですが、何も若いからと言って必ずしもならないとは限りません。

 

むしろ最近では、20代で薄毛になる人も増加しているようです。
一般的には繋がりが無いように感じる若さと薄毛、一体そこにはどんな関係があるのでしょうか?

 

20代で薄毛になる理由

 

20代で薄毛になる原因は、主に3つ挙げられます。

 

 

 

まず1つ目は「過剰なダイエット」です。

 

スタイルが良い人=痩せ型というイメージが付いている現代では、若い女性の多くが一度は取り組んだことがあるほど、ダイエットは非常に身近な存在ですよね。

 

ですが身近なものであるからこそ、間違った取り組み方をしている人が多いのも現実問題としてあります。

 

その間違った取り組み方の中でも一番多いのが、「とにかく食事を取らない」ようにするダイエット法

 

体重を落とすためには食事を取らないのが一番、若いから食事を抜いても大丈夫と思い込み断食のようなダイエットを試みる方も多いですが、もちろんそのようなダイエットをすれば薄毛になる確率が高まるのは当然です。

 

髪の毛に十分な栄養が行き渡らなければ、その分髪の毛も細く弱くなるので、結果として見た目にも大きな影響を及ぼします。

 

 

 

2つ目は「ストレス」です。

ストレスを抱える女性

 

20代は人生の中でも、特に周りの環境の変化が激しい時期ですよね。

 

進学や就職によって人間関係の幅が広がることはもちろん、社会の中での立ち位置や大人としての責任も10代の頃に比べれば大きく変わってきます。

 

そんな環境の中で暮らしていれば、多少なりとも誰でもストレスは感じますし、自分でも気づかぬうちに大きな負担を感じる場合も少なくはありません。

 

これまでの記事でも紹介してきた通り、ストレスと薄毛は切っても切り離せない関係にあるので、ストレスを感じやすい20代は薄毛になりやすいのですね。

 

 

 

そして、3つ目は「ヘアスタイルとヘアケア」です。

 

髪色を派手にしたり、頻繁に色を変えたり、または色を綺麗に入れるためにブリーチをしたりする行為は、確かに見た目も綺麗になり自分の気持ちも明るくなるものの、一方では髪に多くのダメージを与える行為であります。

 

またポニーテールやお団子ヘアも、髪の毛を引っ張ることにより頭皮に負担がかかってしまうのため、必然的に薄毛になりやすい環境を作ってしまいかねません。

 

もちろんすぐに薄毛になるわけではないですが、積み重ねていけば20代の内に薄毛になる確率が高まってしまうでしょう。

 

 

20代で薄毛にならないためには?

 

20代で薄毛にならないためには、まずは自分の身の周りの環境を整える必要があります。

 

上記でも述べたように、
①過剰なダイエットはせず
②適度にストレスを発散し
③ヘアカラーやヘアアレンジは髪に負担をかけない程度で楽しむ
よう心がけてみてください。

 

まずはこの3つを押さえるだけでも、薄毛対策としては十分な効果が期待出来るでしょう。

 

 

20代での薄毛は遺伝による影響が大きいものの、今回ご紹介したような生活環境も大きな一要因であることは間違いありません。

 

若いからと言って安心せず、現在薄毛になっていない人も今一度自分の身の周りの環境を見直してみてはいかがでしょうか?

 

もし改善すべき点があったとしたら、ぜひ今日から取り組んでみてください!

 

漢方で薄毛の改善をサポートする!