薄毛を食い止めるには、エストロゲン・プロゲステロンのバランスが重要。

MENU

女性ホルモンと薄毛

 

「ホルモンバランスの乱れにより薄毛になる」とよく言われますが、このホルモンとは具体的に言うと「女性ホルモン」のことを指します。

 

しかしそう言われても、どうして薄毛になるのかをいまいち理解することが出来ませんよね。
そこで今回は、女性ホルモンと薄毛の関係について詳しくご紹介します。

 

女性ホルモンとは

 

まずこの2つの関係を見ていく前に、そもそも女性ホルモンとは一体何なのかを確認していきましょう。

 

女性ホルモンとは簡単に言うと、女性特有の性質、例えば生理や妊娠・出産に大きく関わるホルモンとなります。

 

また女性ホルモンは、エストロゲンプロゲステロンの2種類に分けられるのですが、この内「エストロゲン」は妊娠に備えるために子宮をふかふかにしたり、髪や肌をツヤツヤにしたりなど、女性らしい体を作る上では欠かせないもの。

 

つまりエストロゲンがあるだけで、女性の体は健康にそして美しくなるのですね。

 

 

エストロゲンの減少で薄毛になる理由

 

エストロゲンは年を重ねるごとに、その数が徐々に減少。

 

40代後半から減少が始まるのが一般的で、薄毛に悩まされる方もちょうどこの頃から一気に増え始めてしまいます。

 

また、出産後もエストロゲンは急激に減ってしまうので、その時期に薄毛になってしまう方も非常に多いです。

 

しかし薄毛の原因は、エストロゲン自体が減ってしまうことではありません。

 

エストロゲンとプロゲステロンの含有バランスが崩れることで、起きてしまうのです。

 

薄毛と女性ホルモンの関係を見ていくと、どうしてもエストロゲンの減少にばかりに目が行きがちですが、そもそも人間はあらゆるバランスを保ちながら自らの体を健康に保っています。

 

ですので、両者のバランスをきちんと考えていくことが非常に大切です。

 

 

エストロゲンの減少を止めるには

 

出産後にエストロゲンが減少する場合は、元々妊娠・出産のために備えて蓄えられていたものが急に無くなってしまうことであるため、一年程経てば薄毛は改善されることがほとんど。

 

しかし加齢による減少は、何もしなければ減っていく一方なので、少しでも減少を止められるよう毎日の生活を意識して過ごす必要があります。

 

栄養バランスのとれた食事を取る女性

一番のおすすめが、栄養バランスの取れた食事をすることです。

 

栄養が髪の一番のビタミンであることは言うまでもないですが、毎日健康的な食事をとり続けることは意外と難しいですよね。

 

簡単なように見えて、実は簡単でない「バランスの取れた食事」は、ホルモンバランスを整えるためには非常に効果があります

 

もちろん食生活を見直せば、必ず女性ホルモンの減少を食い止められるわけではありません。

 

ただ年だからと諦めてしまうよりは、少しでも行動を起こした方が、体のサポートとなるのは間違いないです!

 

薄毛予防には生活習慣も大切です!

 

 

以上、女性ホルモンと薄毛の関係について見てきましたが、女性ホルモンが減るとなぜ薄毛になるのか、という皆さんの疑問は解決出来たでしょうか?

 

ホルモンという目に見えないものについて、的確な対策を取ることはなかなか難しいですが、だからこそより意識して自分の体と向き合わなければなりません。

 

本記事が、少しでも自分の体を見つめ直すきっかけになればと思います。