漢方で薄毛になりにくくする体を手に入れる!おすすめの漢方とは?

MENU

漢方が薄毛に効く?

 

薄毛にならないカラダづくりをする漢方

 

薄毛対策として意外とおすすめなのが、漢方しかし体に良いイメージがある漢方でも、薄毛への効能という点において疑問が残る方も多いと思いですよね。

 

そこで今回は、漢方を飲むことで得られる薄毛対策のメリットについて、詳しくご紹介します!

 

漢方とは?

 

本題に入っていく前に、まずは漢方についてしっかりと理解していきましょう。
漢方とはそもそも、日本古来の薬ではなく中国由来の薬になります。

 

植物など自然界のあらゆる効能を持ったものを複数混ぜ合わせることによって作られ、症状や個人の体質に合わせて混合物を変えることが可能です。

 

つまり、変幻自在なお薬ということですね。

 

 

薄毛への効能

 

そんな漢方ですが、もちろん薄毛にも非常に効果的。

 

しかし漢方は、髪の毛を生やしたり抜け毛を防いだりと、薄毛対策に直接影響するわけではありません直接影響するのではなく、「薄毛になりにくい体作り」を促進してくれるのです。

 

そこはきちんと理解しておきましょう。

 

薄毛になりにくい体作りとして、主に2点挙げられます。

 

まず1つ目は、「血行促進」です。

 

血の巡りは体に酸素を運ぶと共に、同時に栄養も運んでくれますよね。血行が促進されれば、頭部にまできちんと栄養が行き渡ることになるので、薄毛対策が期待出来ます。

 

また血行促進は新陳代謝の向上にも繋がるため、より薄毛になりにくい体を目指せるでしょう。

2つ目は、「免疫機能の向上」です。

 

睡眠・栄養・運動のどれか一つでも不足したり、または日常的にストレスを感じれていれば、私達の体は簡単に免疫力が低下してしまいます。

 

免疫力の低下は病気を引き起こすだけではなく、薄毛や抜け毛の原因にもなりかねません

 

その点、漢方は免疫力を高める、つまり体を丈夫にする効能があるため、体の内側から薄毛対策をすることが可能です。

 

 

おすすめの漢方

 

薄毛に効く漢方として、「血行促進」そして「免疫機能の向上」この2点を意識した漢方を選んでみましょう。

 

 

 

十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)

冷え性や疲労感、貧血、栄養不足などあらゆる症状に効く漢方です。
胃や腸の働きも良くしてくれるため、消化の促進や血液増量に効果が期待出来ます。

 

 

 

加味逍遙散(かみしょうよんさん)

冷え性やホルモンバランスの安定に効果がある漢方です。
冷え性が改善されるということは、新陳代謝の向上を意味していますよね。
またホルモンバランスを整えるので、産後の女性などに非常におすすめの漢方になります。

 

 

以上薄毛と漢方の関係について、今回は詳しくご紹介してみました。
漢方はとにかく自然由来のお薬であるため、体に良いと共に副作用もほとんどありません

 

また様々な効能がある漢方は、薄毛だけの対策のためと意気込むことに比べ、いくぶんか心の負担も軽減しながら対策をすることができるのではないでしょうか?

 

どんな方でも明日からすぐに取り組める対策法なので、少しでも興味を持たれたらぜひ漢方を飲んでみてください。

 

飲めば必ず薄毛や抜け毛が治るというわけではもちろんありませんが、それでもあなたの強い味方となってくれるはずですよ。

 

育毛剤と発毛剤の違いって何?